精神科医の求人特集【※好条件の求人を見つける方法】

TOP >> 希望条件で選択 >> 50代精神科医の転職のポイントなら

50代精神科医の転職のポイントなら

現在精神科医のニーズは非常に高いです。地方でも都市部でも絶えず求人があります。そのため精神科医の先生の転職は比較的容易です。50代になると年齢がネックになって、転職が難しくなると思われる先生がいらっしゃるかもしれません。30代から40代前半の医師が歓迎されるのは事実ですが、年齢を問わずに精神科医を募集している病院もたくさんあります。その一番の理由は精神科医の数が不足していることにあります。大きな総合病院からクリニックまで、いろいろなタイプの病院が精神科医を求めています。都市部にあるクリニックの場合、求人が出たら応募が殺到して欠員がすぐに埋まってしまうことが多いのですが、それ以外のところは仕事を見つけやすいです。

50代の精神科医の先生が転職をされる場合、精神保健指定医の認定を受けている方なら転職はうまくいく可能性が高いです。精神保健指定医はいろいろなところで求められています。応募の条件に精神保健指定医をあげている病院も多いです。もし認定を受けておられなかったら、認定を受けることをお勧めいたします。5年以上の医療実務経験と厚生労働大臣が定める精神科臨床経験が条件ですので、経験豊富な50代の精神科医の方だったら認定されやすいと言えるでしょう。

50代の精神科の先生が転職をされるときには、転職エージェントの利用がその成功の鍵になります。転職エージェントは膨大な数の求人を保有しています。その中には50代の精神科の先生にふさわしいものがあります。リクルートドクターズキャリア、医師転職ドットコム、エムスリーキャリアといったところが代表格です。これらのサイトはきめ細かなサービスが特長で、キャリアコンサルタントから多様なサポートを受けることができます。

50代の医師の場合、お仕事の時間を減らしたいと思われている方もいらっしゃるでしょう。あるいは年収をアップさせたい(下げたくない)と思われている先生もいらっしゃるかもしれません。このようなこだわりを持つことこそが転職のポイントです。漠然とした希望よりも明確なこだわりがあれば、転職エージェントの方も仕事を探しやすいのです。転職サイトには非公開求人が集まっているという特長もあります。条件が良くてたくさんの応募を避けるために、非公開になります。その中には50代の精神科の先生の転職先にふさわしいものもあるでしょう。非公開求人をたくさん持っているところほど優秀な転職サイトと言えます。上記の3つのサイトはまさにそのようなサイトです。

>>精神科医の求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2016 精神科医の求人特集【※好条件の求人を見つける方法】 All Rights Reserved.