精神科医の求人特集【※好条件の求人を見つける方法】

TOP >> 希望条件で選択 >> 40代精神科医の転職のポイントなら

40代精神科医の転職のポイントなら

40代の精神科医の転職はどのようなことに注意を払うべきでしょうか。40代と言っても前半と後半では求人の傾向がやや違います。40代前半の求人は多いのですが、後半になるとやや少なくなります。40代後半の先生の場合、採用する医療機関もそれなりの給与を払わなければなりません。その点を考慮して求人を減らすところがあります。とは言っても院長などの責任のある地位を求めているところもあり、その場合は年齢のことはあまり問われません。

現在精神科医の数は不足気味です。またどんなタイプの病院も精神科医を必要としています。この傾向は都市部も地方も同じです。そのため精神科医の転職は比較的容易であると言えます。たとえ40代後半の方でも、他の科の仕事に比べると多くの転職先が見つかる可能性があります。いろいろなタイプの求人があるのですが、都市部で交通の便が良いクリニックの仕事は人気が高く、募集があると応募が殺到することがあります。精神保健指定医の資格を重視する病院が多いです。この資格をお持ちだったら転職は容易です。40代の精神科の先生で転職を希望されていて、この資格をお持ちでなかったら精神保健指定医の認定を受けることをお勧めいたします。5年以上の医療実務経験と厚生労働大臣が定める精神科臨床経験があれば、精神保健指定医に認定されます。40代の医師の場合、臨床経験は豊富にお持ちでしょうから、精神保健指定医に認定されるのはそれほど難しくはないと思います。(統合失調症3例などのレポートの提出が求められます)。

40代精神科医の転職のポイントは、転職エージェントをいかに利用するかということです。リクルートドクターズキャリア、医師転職ドットコム、エムスリーキャリアといった名の通った転職エージェントはインターネット上に転職サイトを持っており、そこに膨大な数の求人案件をのせています。その中からご自分に合ったものを選び出すことが出来れば、転職はうまくいきます。

これらのエージェントは病院と太いパイプを持ち、良質な求人情報を集めています。サイトのキャリアコンサルタントが実際に足を使って集めた情報なので、信用のおけるものばかりです。例えば病院の人間関係といった微妙な情報もキャリアコンサルタントは入手しています。先生に転職先で気持ち良く働いていただくためにコンサルタントは努力を惜しまないのです。無料でサイトに登録できます。各種のサービスも無料です。転職エージェントは先生の転職に必ず役立ちます。

>>精神科医の求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2016 精神科医の求人特集【※好条件の求人を見つける方法】 All Rights Reserved.